自分の頭の中を再現できるのが3DCGの魅力

自分みたいな小学生並みの絵心しか持ち合わせてない人でも自分が頭の中で思い描いたシーンを再現できるのは3DCGの最大の魅力。とりあえずメタセコイアとMMDのモデルをダウンロードしてきてキャラクターのポーズなり表情なりをいじったりして3DCGを体験してみてほしい。つまらなければアンインストールすればいいし面白かったら簡単な背景でもモデリングしてみたらいいし。3DCGで描かれたエロ本ってあるのか。並んでる本より1.5倍くらい高い。fate stay night ubw の3DCG満載の作画を見てえっえっそんなはずはってなりながらとりあえず2話まで見た。工芸が3DCGをやるらしいのは普通に羨ましい。ハピプリの3DCGは太ももがたまらない。

2次元のキャラって、3DCGでモデリングされたり、フィギュアで3次元化されたりしてる上、歳をとらないどころか若返ったり時間軸すら操作できる。平気で生き返るし。つまり、時空を超越した4次元人なんじゃないだろうか。なんてことを考えてて時間を無駄にしてる。3DCGが機体の独特な関節設定を無視している事によるねじれ具合がやわらかそうな質感出していてクッショングッズ化して欲しくなる。ちょっとだけ拝見した。3DCGの制作工程見てるとなんか圧巻だ。わくわくが止まらない。免許は取れない。それでも・・今でも車は好きだ。最近はまたGT6とかのサントラも聴いてみた。いずれは自分で車のゲームとか作ってみたい。今は3DCGで自動車の簡易モデリングに挑戦中。パイセンへの3DCGの用語説明が面倒だなって思ってしまう。聞くのはイイけどさまず調べてくれよっていう。

About the author