3DCGをまともに扱えるPC構成

何万いや何十万PCじゃないと厳しい(主に3DCG)校内で一番性能が高いっていうPCでさえ処理に時間かかることあるのに、それより性能低いPCで3DCGとか無理だろ。キャラが出来てきたら雰囲気背景だからな。最近のアニメ背景では3DCGが多いけどPCのスペックが。簡易にどれだけの物を書けるかだ。コンピューターを使って「何か作る」ことが大好きだからPCでできるあらゆる事を体験したくて色々と手を出している。 3DCADに3DCG、動画編集にプラグインを山ほど刺したDTM。そういった負荷の高い作業を時たまやるからパワフルなPCが欲しいと思うし。Amigaは、1985年コモドールより発売のPC。その名はスペイン語で「女友達」を意味する。利点は強力なグラフィック機能!当時、唯一3DCGやビデオ映像がまともに扱えるPCだったから、映像製作者、メガデモ製作者、アーティスト、ゲーマー等に熱狂的に受け入れられ、人気を博した。

3DCGの制作過程がストレスなく進み、4kディスプレイ2枚に出力しても能力に余りあるようなPCを自作するとしたら、一体おいくら万円必要なんだろ。思い返したら今日は学校でPC(3DCGソフト)に死ね死ね言って帰ってゲームでも死ね死ね言ってて一日中死ね死ね言ってたな。PC買い換えて一番感動したのが、凄いこのエロ3DCGがぬるぬる動くだった。3DCGを勉強していたから、動画素材あげるならそっちに走りたいと思ったりする。ただPCのスペックが。3DCGでも問題ないかな。やっぱりアルペジオが大きい。例えるなら作画は国産米、デジタル作画がパン、3DCGはシリアルみたいな感じ。ご飯が最高なのは絶対だけど、たまにはパンも食べたいし、シリアルは種類も豊富だし満足感はある。

About the author